ご入居者インタビュー

どんな時でも人生は楽しく。それが大切やと思います。

ここで暮らして2年になりますが、ほんとうに来てよかった。私は子どもがいないから家ではひとりでしょ。ここには話し相手がいるから、それが一番。毎日30分、このあたりをぐるつと散歩するのも私にはちょうどいいわね。体調もよくなったの。
私ね、毎日、食事の前に晩酌するのよ。ビールでも焼酎でも日本酒でも何でも。そんなんしてるのは、ここでは私だけらしいけど(笑い)。
昔から手先が器用でね、お裁縫も得意やったのよ。それでいまはね、ビーズでネックレスを作ってますの。はっきりした色の無地の服が好きやし、無地にはアクセサリーがいるでしょ、だから自分で作るの。まあ、性格もはっきりしてるわね(笑い)。嫌なものはいや。思ったことはお腹にためずに口にするしね。
昔も今も、私は私で、ずっとこんな調子。どんな時でも人生は楽しく。それが大切やと思います。

(Tさん)

カラオケ、晩酌、散歩が日課。自由な暮らしを楽しんでいます。

ここに来る前は、家内と自宅近くのケアハウスにいましたが、知り合いにすすめられてこちらに転居しました。実はケアハウスでは車いすを使っていて、ここに来た当初も車いすでの生活でした。それがいつの間にか一人で歩けるようになりました。脚は鍛えておかないといけないので、ホームの機能訓練室で「戦友」
を歌いながら自転車を漕ぐんです。歌い終わると六分で、ちょうどいい運動になります。中庭も散歩していますし、たまにこっそり門から出て行くと、スタッフが「Aさ~ん、黙って出ていったらだめですよ~」つて追いかけてきます(笑い)。
昔から趣味は多い方ですね。ハーモニカや尺八、水彩画、写経もしていましたが、いまの楽しみはカラオケです。毎日、皆さんと一緒に歌っています。ユーチューブで検索して自室で歌の練習をしてからご披露したりね。パソコンも好きで、雑誌のクイズの答えをよく調べています。晩酌も楽しみですねえ。ワイン、焼酎、日本酒と、いろいろ取り揃えております(笑い)。
家内がいるケアハウスへ行ったり家内がこちらに来たり、自宅も近いので時々帰ったりしながら、自由に暮らしています。スタッフが細やかなところまで気配りがありますから、毎日がほんとうに快適です。

(Aさん)

いつでも好奇心いっぱい。好きな俳句に没頭しています。

私の毎日は、俳句中心に回っているみたいなんですよ。今朝も、お庭を散歩していたらきれいなバラが咲いていたので、部屋に持ち帰って一句作ってみました。思いついたら句帳に書きとめて、雑誌に投稿したり、毎月二回、天王寺で行われる旬会で発表したりしています。パソコンで俳句を検索して、夜遅くまで勉強することもあるんですよ。
俳句をしているといろいろなことに好奇心がもてますし、自分の句が雑誌に載ったりテレビで紹介されると、とても励みになります。
三年前、八歳年上の主人と一緒に入居し、隣同士の部屋で暮らしています。早起きの主人が、朝コンコンとドアをノックして、私を起こしてくれるところから一日がスタート。一緒に食事や体操をしてリビングで過ごしたり、思い思いに部屋でくつろいだり、部屋が別々で、しかも隣同士というのはとてもいいですね。自宅でふたりで暮らしていた頃より、ずっと快適(笑い)。
家事から開放されて、好きなことに没頭できるのも、ここで安心して暮らしているからこそですね。

(Yさん)